受験勉強中の子供におすすめのDHA

秋・冬にかけて、受験シーズンになります。
少しでも成績をあげたい、志望校に合格したい、勉強の集中力を高めたいと願っている親子におすすめなのがDHAです。
DHAは脳の中で受けた情報を処理する能力を高めて、思考力、読み書き力、記憶力、計算能力など学力に関するさまざまな能力を向上させるとされています。

以前は日本人は魚を食べる習慣がありましたら、食事の欧米化で肉が多い食事となり、魚を食べる機会が減っています。
そのため、魚に多く含まれているDHAの摂取量も減っています。
今DHAを意識して摂れば、勉強や受験によい影響をもたらして、結果につながるかもしれません。

すでにDHAをサプリから摂っている方は、どの時間にDHAを摂ればよいかご存知ですか?
DHAは脂の中に含まれている成分で、胃で脂肪分が消化されているときに一緒にとれば、身体の中で吸収されやすくなります。
もし空腹時にお菓子代わりのようにサプリを飲んでいたら、あまり体内に吸収されない可能性があります。
空腹時より、食事中か食後にサプリを摂るようにしましょう。

DHAたっぷり、山形県の冬の味覚とは!?

日本海からの風が吹き、寒さが厳しい冬の山形県庄内地方。この地域では冬になると寒ダラ汁という料理を待ち望んでいる人が多い。

 

寒ダラ汁とは、日本海で取れる寒ダラのアラをまるごと使った味噌汁のことだ。アラを使っている為、食べるところは白子など限られた部分しかなく、ほとんど骨になるのだが、その煮込まれた味噌汁の中には美味しいダシが十分に溶け込んでいる。

また、白子は高価なため、入っていると喜ぶ人も多い。ドンブリに盛り付けられた寒ダラ汁の上には岩のりが散らされ、磯の風味を存分に感じられる。その味噌汁にはもちろんじっくり溶け込んだ寒ダラのDHAがたっぷりと入っているのだ

。筆者は試験の時や受験の時にはこの寒ダラ汁を食べてから向かうと、頭がスッキリとして試験に臨めたように思う。

そのため、わざわざ試験前に作ってもらうよう頼んだほどだ。寒ダラ汁はこの地方の冬の風物詩のため、1月から2月にかけては商店街や道の駅様々なところでイベントが開かれ、一杯500円程で振舞われる。雪がちらつく寒い中でも商店街などでは多くの人々で賑わうのだ。